The Chocolate Cat Caper―チョコ猫で町は大騒ぎ (Chocoholic Mystery #1) (マスマーケット) [de-384]

The Chocolate Cat Caper―チョコ猫で町は大騒ぎ (Chocoholic Mystery #1) (マスマーケット) [de-384]

販売価格: 680円(税込)

参考価格: 974円

数量:

すべてのチョコ好きに捧げるスウィートで楽しいコージー・ミステリー! 



書籍データ 

JoAnna Carl (著) 
マスマーケット: 231p 
出版社: Berkley 
発売: 2002 
ISBN: 978-0451205568 

状態
(*^^)v 表紙にすれ、キズあり。少しヤケあり。

内容
お飾りの妻なんてもううんざり!リーは口うるさい夫と離婚、伯母を頼ってテキサスからミシガン湖畔の小さな町ワーナー・ピアに越してきた。伯母が経営するこだわりのチョコレート・ショップを手伝いながら自立しようと奮闘しているリーだったが、ある日、町に滞在中の大物弁護士が伯母の特製チョコを食べて即死してしまい、町は大騒ぎに。死因はなんとチョコに含まれた青酸カリだった。うちのチョコは悪くない!リーはチョコの無実を証明しようとするのだが、おっちょこちょいのリーが動けば動くほど、店は窮地に立たされていく。さて真犯人は?     

 



著者略歴
 
ジョアンナ・カール 
アメリカ・オクラホマ州生まれ。オクラホマ大学でジャーナリズムを学び、新聞社で記者やコラムニストとして活躍する。本名のイヴ・K・サンドストローム名義でオクラホマを舞台とした2つのミステリー・シリーズを執筆していたが、夫の故郷であるミシガン湖畔の別荘で夏のバカンスを過ごすうちにミシガン湖にほれこみ、そこを舞台としたミステリー・シリーズを書くことを思い立つ。さらにチョコレート製造と公認会計士という2人の娘の職業をモデルとして『チョコ猫で町は大騒ぎ』のヒロインであるリーが生まれ、新たなコージー・ミステリーのシリーズとして別名義で発表されることとなった。

 

 

 

 

 

 

 

The Chocolate Cat Caper―チョコ猫で町は大騒ぎ (Chocoholic Mystery #1) (マスマーケット) [de-384]

販売価格: 680円(税込)

参考価格: 974円

数量:

レビュー

0件のレビュー