ロアルド・ダール

ロアルド・ダール
1916〜1990年。イギリスの作家。サウス・ウェールズに生まれ、パブリック・スクール卒業後、シェル石油会社の東アフリカ支社に勤務。
第二次世界大戦が始まると、イギリス空軍の戦闘機パイロットとして従軍したが、撃墜され、長く生死の境をさまよった。
戦後、この経験をもとにした作品で作家生活に入り、変わった味わいの短編小説を次々に発表して人気を確立。
結婚後は児童小説も書きはじめ、この分野でも、イギリスをはじめ世界中で評価され、愛される作家となった。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

46