洋書古本ショップ【てつがくのみち】

てつがくのみちは、買いたい人と売りたい人をつなぐ、女性にやさしい洋書古本サイトです。

 

 気になる1冊♪ 
 No.1へ



 一語一絵



ページ上部へ




ホーム | 一般洋書 > クラシックThe Brothers Karamazov (Signet Classics) (マスマーケット) 
商品詳細

The Brothers Karamazov (Signet Classics) (マスマーケット) [bo-1117]

販売価格: 1,080円 (税込)
[1点限り]
参考価格: 1,285円
数量:

ドストエフスキーの没する直前まで書き続けられ、有名な「大審問官」の章をはじめ、著者の世界観を集大成した大巨編      



書籍データ  

Manuel Komroff (はしがき), Sara Paretsky (あとがき), Fyodor Dostoyevsky (著) 
マスマーケット: 908p  
出版社: Signet 
発売: 2007 

状態  
(^。^) 表紙に小さなキズ、裏表紙にわずかに汚れあり。他は良好です。

内容
物欲の権化のような父フョードル・カラマーゾフの血を、それぞれ相異なりながらも色濃く引いた3人の兄弟。放蕩無頼な情熱漢ドミートリイ、冷徹な知性人イワン、敬虔な修道者で物語の主人公であるアリョーシャ。そして、フョードルの私生児と噂されるスメルジャコフ。これらの人物の交錯が作り出す愛憎の地獄図絵の中に、神と人間という根本問題を据え置いた世界文学屈指の名作。1879年作。



著者略歴
ドストエフスキー
1821〜1881。19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠。父はモスクワの慈善病院の医師。1846年の処女作『貧しき人びと』が絶賛を受けるが、’48年、空想的社会主義に関係して逮捕され、シベリアに流刑。この時、持病の癲癇が悪化した。出獄すると『死の家の記録』等で復帰。’61年の農奴解放前後の過渡的矛盾の只中にあって、鋭い直観で時代状況の本質を捉え、『地下室の手記』を皮切りに『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『未成年』、『カラマーゾフの兄弟』など、「現代の予言書」とまで呼ばれた文学を創造した。

 

 

 

 

 

The Brothers Karamazov (Signet Classics) (マスマーケット) [bo-1117]

販売価格: 1,080円 (税込)
[1点限り]
参考価格: 1,285円
数量:

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス